レブしゃん日記
leaven.exblog.jp
ブログトップ
レブちゃんの病気
金曜日、行こう行こうと思ってひと月程伸びていたレブンの股関節の検査に行ってきました。

恐れていたことが現実になってしまいましたー。
股関節形成不全。しかも重度。
悪いって言われるのは覚悟してたんです。でも重度だったとは。

骨の変形はこれ以上ほとんど進まないというほどになっていました。
げげー。

カックンカックンしながら歩く とか 腰を左右に振りながら歩く とか
いろんな人に見てもらったんですけど明らかにそういう状態だというのがレブンの場合分かりづらかったんです。
私は、必ずそうなるもんだと思っていたので、「気のせいか?」と考えました。
でも、時々うさぎ跳びみたいに両足使ってる時があるし、フラつくこともあるし、走るの遅いし、気になることがいくつもあって、今回検査しました。
重度の割には走ったりしてるので、それが不思議です。この、隠れ股関節形成不全め!

今は体重管理に力入れてます。カロリー計算大変っす(汗)
でも慣れたら楽かも。キッチンスケールとか計量カップとか大活躍してます。
次に運動をやって筋肉をつける(というか維持かな?)のを継続。
週末のランはプールもやっているので入れてきました。ついでに綺麗になるし(爆)

で、痛みで動けなくなったら手術、という話なんですが、もし今やりたいというならそれでもいいと言われたので、それなら元気がある今のうちに済ませてしまえー!という方向で決めました。
あ、決めたといっても家族内での話で、明日にでも病院に電話してみようと思っています。

まだちゃんと決まってもいないのに、麻酔大丈夫かな、とかうまくいくかな、とかもういろんな事を考えてモヤモヤしちゃいます。

そんな私の心配をよそに、レブンさんは今日も元気です!
ランで遊んできましたよー。
ちょっとゴハンの量が減って悲しそうな気もしますが、がんばれーレブンさん!
[PR]
by alsatian | 2009-06-14 00:44 | 動物・ペット | Comments(18)
Commented at 2009-06-14 06:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by イリサママ at 2009-06-14 09:01 x
実はイリサも気になる座り方するんですよねー。
うさぎ跳びみたいな走り方するときもある・・・ってパパが言うし(私は気付かなかったんだけど)
やっぱり、お医者さんに診てもらおうかなー。

>そんな私の心配をよそに、レブンさんは今日も元気です!
よかった・よかった。
これが一番です!!
このパパ・ママがついてるんだから、大丈夫だからねー。レブしゃん。

Commented by ジャンプ家 at 2009-06-14 09:02 x
レブンがそんな状態だったとは知りませんでした。
私も、早いほうが良いと思います。
我が家の♂(もちろんジャンプじゃありませんヨ!)のように
3年以上もほっといて腕の手術ですから!
いつも元気なレブンさんですが更にパワーアップして
ボルトのなみの疾走...期待しています!
お大事にしてください。
成功をお祈りいたします。
Commented by alsatian at 2009-06-14 11:15
非公開コメントさん
いろいろ大変な思いをされてきたんですね…。
何事も早め早めの対応が予防につながるんだと思いました。
もしちょっとでも気になることがあったらすぐ病院に行くのがいいですね。
早トチリだろうが何だろうが、何もなければそれでいいんですもんね。
まぁ、自分の体のことはついつい後で後で…になっちゃうんですけどネ(特に歯医者・笑)
手術まではラン通い続けるつもりデス。レブンも行くのが大好きみたいです。
復活したらまたよろしくお願いします!
レブンと一緒にがんばりまーす!
Commented by alsatian at 2009-06-14 11:23
イリサママ
イリちゃんも気になるところがあるんですか〜。
うん、絶対検査してみた方がいいですよ!
もし何かあってもまだ軽度かもしれませんよ。軽度なら、レブンみたいに手術までしなくても済むので、いろんな面で負担も少ないですよね。
是非検査をおすすめします!(ここ強調)
レントゲンって、麻酔するのが普通だと思ってたんですけど、しないことも多いんですね。ビックリしました。
レブンの行った病院は、じっとできない子の場合は麻酔することもある、ということでした。

>これが一番です!!
そーなんです、元気なんです。だいたい2階でくつろいでることが多くて、階段の上り下りもしちゃうんです。
術後は階段にペットゲートが必要になると思います。ひ〜めんどくさい(人間が)
Commented by alsatian at 2009-06-14 11:35
ジャンプ家さん
私もそこまで悪いとは思っていなかったので青天の霹靂というか寝耳に水というか。
しょっちゅうランに行く元気がある今やっちゃった方がいい!という話で案外早く決まりました。
病院にはもう連絡したので、担当の先生から後日お電話があるそうです。そうなったらあれよあれよという間に手術になるのかなーなんて思います。
昨日もN2ちゃんに遊んでもらいました。N2ちゃんありがとう〜!

3年以上放っておいたんですか(^^;)
シビレたりしてこれはマズい…となってからですよね。
私も歯の詰め物がとれて何年も放っておいた結果、痛くてどうしようもなくなって治療に行ったクチです(汗)
でもきっとお互いに、早く対処していれば…ということだったのかもしれませんねー。

術後はしばらくランお休みしますが、手術までは通うつもりでいるので、またお会いしたらよろしくお願いします。

>成功をお祈りいたします。
ありがとうございますー!
Commented by マロンまま at 2009-06-14 15:15 x
若い今のうちがいいね!

数ヶ月は遊べないけど、先のことを考えれば正解かも!
Commented at 2009-06-14 15:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もじゃママ at 2009-06-14 18:17 x
わ~レブンさん、そんなに悪かったんですねぇ・・・(涙)
ウチのジョーイはキュ~ンと泣いて座ったりするのが辛そうだったり
ビッコ引いて歩いたりしてたから、すぐに分かったんだけど
レブンさんはちょっと分かり難かったんですね~。
ランでも全然そんな感じじゃなかったし・・・でも重度だなんてぇ・・・。

確かに手術するなら元気なうちがいいですよね。
頑張れレブちん!
Commented by ミルママ at 2009-06-14 20:53 x
手術決めたようですね。
麻酔を考えれば今なのかな、、、たいへんだけど、頑張ってね。
ミルクは、小さい時に股関節は検査してたから大丈夫だけど、人と違って老化は早いって最近思うから、レブンさんも元気なうちがいいのかもね。
なんかあったら、お手伝いするからねー
Commented by まも at 2009-06-14 21:04 x
頑張れ、レブンさん!
あの走りでまさか重度とは思いませんでした。カックンカックン歩くのが特徴だと思っていたから・・。レブンさんはそんなに気にならなかったし。
全身麻酔は怖いよね。でも若くて体力ある今、っていうのは正解だと思います。
体重管理も大切だよね。私も「ガリガリにする必要はないけれど、アジをやるならなるべく落としなさい。特にシェパは」って言われた。
軽量カップ使ってカロリー管理頑張れー!
私はこんなだし、お手伝いできないけど、レブしゃん復活を祈ってるよー!
Commented by alsatian at 2009-06-14 21:17
マロンままさん
難しい手術だというので、時間もかかりますよね。
ということはやっぱり体力があった方がいいですもんね。
マロン君も部位は違うけど大変でしたもんね。
レブンもがんばりまっす!!
ありがとう〜!
Commented by alsatian at 2009-06-14 21:27
非公開コメントその2さん
ホントに分かりづらくて、おかげで気づくのも遅れてしまいました〜。
調べてみるとこの病気は遺伝が7割、育った環境が3割という割合でかかるっていうことらしいですね。
遡ってみると、レブンの何代か前にいるんですよ〜父方の方が多いです。
同胎犬は大丈夫なのか心配です。両親は大丈夫みたいなんですけどね。
気になったら検査はなるべく早いうちの方がいいですヨ。
ありがとうございます!レブンに言っておきますね。
Commented by alsatian at 2009-06-14 21:33
もじゃママさん
わ〜んもうビックリだったよー。
ジョーイ君の場合は素直に分かりやすかったのに、レブンのは姑息に見え隠れしちゃって、卑怯だわ!(逆ギレ)
重度って診断されたけど今日もプールで泳いでボール追いかけて走ってきたよん。
取り上げるまでボール離さなくて大変だったよ。まぁ、いつものことだけど(汗)
日程はまだ決まってないけど近いうちにすると思います。
やっともじゃさん達がランに来るようになったのに今度はレブンか。
すれ違っちゃいますね、グスン。
> 頑張れレブちん!
ありがとうー!がんばるよ!
Commented by alsatian at 2009-06-14 21:45
ミルママ
はい、サクッと決めました!
いつ悪化するかビクビクして過ごすよりとっとと問題解決することにしました。
心配なのは麻酔ですね。体力的にはたぶん大丈夫だと思うんですけど、目が覚めなかったらどうしよう、とか心臓耐えられるかな、とかマイナス思考のどツボにはまっていきます。
手術の技術的なことは、整形外科が担当で知識もあり、レブンと同様の手術を何件もされているようなので信頼してます。
にゃんこの話ですが、うちに14歳のおばぁちゃん猫がいます。やっぱり、年取ったんだなとしみじみ思うことが多くなりました。わんこも同じような感じになるんでしょうね〜。

< なんかあったら、お手伝いするからねー
ありがとうございます〜!もし何かお願いする時があったらよろしくデス。
Commented by alsatian at 2009-06-14 21:58
まもさん
ありがとう!みんなに励ましてもらって心強いよ!
先生の目やまもさんの目も欺く隠れ股関節形成不全。恐るべし(爆)
そうなの、全身麻酔が心配。もう、それだけなのよ一番の心配事は。。。
ミルママのコメ返しにマイナス思考のどツボって書いたけど、元気になって走る姿を見たいなっていう希望の光(なんだそれ)みたいなのもあるし。今それらがせめぎあってる状態。
やっぱり手術の時期のタイミングとしては間違ってなかったのかな。みんなにそう言われると、「そうだよね!」と激しく思う私。
アルも今のスレンダーなスタイル維持してアジリティー頑張るんだよ。
まもさんも応援してるからね!キャンプが待ってるどー。

ところで、「手術」って早口で10回言える?
私今日言わされたけど言えなかった〜。意外と難しい。
Commented by ガイパパ at 2009-06-15 06:49 x
ほんと手術すること自体も心配でしょうが、
レブンちゃんがほんと良くなるよう、願ってます。
我が家の2頭は、先月ドディーが緊急入院なんて事件もありましたが、ここまでなんとか健康に過ごしています。
でも、ほんと色んな病気があるし、日頃からの小さな変調にも注意しなきゃって思います。
Commented by alsatian at 2009-06-15 21:57
ガイパパさん
ありがとうございます。
みなさんに励ましてもらえて、レブンは幸せです。
ドディー君、元気になったようでよかったです。
話せないからどこがどうなのか聞くこともできないし、いつも見ている自分の目を頼りにするしかできないですよね〜。
本当に、人間も動物も健康第一ですね!