レブしゃん日記
leaven.exblog.jp
ブログトップ
りんちゃん、いきなり痙攣
昨年のGW前のある晩、りんちゃんがいきなり寝ていた椅子の上から落ちました。
文鳥さんの鳥かごの掃除中で、中に敷いている新聞紙を取り替えるのに、りんちゃが寝ている椅子のすぐ近くにゴミ箱を置いていたんですがちょうどその中に落ちました。

何が起きたのかと思ってすごくびっくりして、ゴミ箱から出したのはいいけれど、ものすごく体が硬直していて、半泣き状態で「りんちゃん、どうしたの!?」しか言えませんでした。
痙攣は30秒くらい続いて、すごく力が入るのか、失禁もしてしまいました。
痙攣が終わったら意識が戻ったような感じになり、ヨロヨロしながら歩き出して、しばらくしたら何もなかったかのような様子になりました。

そういえば、前日に私の前をトコトコ歩いていた時に、ヒゲが生えているところがピクピクしてたのを見かけたんですよね。
ああいう顔がピクピクする症状を「チック」というのですが、今までりんちゃんがそんな風になったのを見たことがなかったので、「ん??」と思ったのを覚えています。後で知ったんですが、アレも発作の一種だったようです。

それから、あの痙攣は何だったんだろうなーと思いつつ数日過ごし、1週間くらいした頃また顔にチックの症状が出て、翌日大きな痙攣が起き、これはてんかんというやつだろうかと、病院に連れて行きました。

処方されたのはフェノバールという抗てんかん薬と、それで抑えられない発作が起きた場合に使用する為にダイアップという座薬もいただきました。

薬の服用を始めて1週間。世の中はGWとなっていました。
そんなGW初日にまた顔にチックが出ました。
これまでのパターンで、チックが出ると翌日に痙攣が起きるので覚悟はしていたんですが・・今までで一番ひどい発作が起きました。
私はこの日、外出する用事があったので、りんちゃんを父に託し、夜に帰宅したんですが、もうこの日だけで10回以上も発作が起きました。最後の方は30分もおかないで発作です。もうフラフラです。
失禁もしているので始末も大変です。

あんまりひどいのでかわいそうで、病院に行きたかったんですが間の悪いことにGW・・・。いつもの病院はお休みです。
で、何かあった時のために・・・とここに越してきた時に、夜間診療をやっている近くの病院を調べてあったので、そこへ電話してみました。年中無休の病院です。
座薬を処方してもらっていることを伝えたら、それを使ってみて、翌日の通常の診察時間になったら来院してくださいと言われました。
座薬は、3回使ったんですが2度目と3度目はンコと一緒に出てしまって、効果がなかったかも。なんとかりんちゃんをなだめながら時間を待ちました。

翌朝、すぐ病院へ行きました。ちょうど診察してもらっている最中に発作が起きて、先生に様子を見てもらうことができました。そして、そのまま入院です。

つづく


[PR]
by alsatian | 2016-03-01 12:00 | 動物・ペット | Comments(0)