レブしゃん日記
leaven.exblog.jp
ブログトップ
りんちゃん、インスリノーマの手術
りんちゃんを見送る決心をして先生に伝えた翌日。
驚いたことに、病院側から手術させてほしいという申し出がありました。
約2週間の入院中、全スタッフが頑張っているりんちゃんを応援したいと思っていることや、とても珍しい症例で、先生方の勉強にもなることといった理由もあり、費用も抑え気味でやってくださるとのことでした。

これには本当に驚いて、うっかり泣いてしまいました。
正直なところ、やりたくても費用が高額でどうにもならなくて・・・という側面もあったので、有り難かったです。

これまでのCTで、膵臓の辺りになんとなーく怪しい物体が映っていて、先生も、もしかしたらこれ・・・なの??というはっきり断言できなくて、開けてみないとわからないという感じのものなんですが、ここまでやってダメなら諦めるしかない、先生に賭けてみようと思い、手術をお願いしました。

申し出があった翌日に再度CTで撮影、ターゲットの確認と把握をして次の日に手術、ということになりました。
もうこうなったら全てを先生とりんちゃんの力に任せるしかありません。
膵臓はとてもデリケートな臓器で、触れただけで炎症になったりするんだそうですね(汗)
なんとかうまくいってほしいと、手術当日はそわそわ・・。

そして先生から、無事に終わったと電話がきました。よかった〜!

e0060693_17214818.jpg

りんちゃん、頑張りましたよ!

リンパ節が腫れているところがあって、取れるところは取り、CTでうっすら映っていた怪しい影の部分の出来物も切除して、病理検査に出すとのことでした。
手術の甲斐があって、あんなに悩まされた血糖値が安定しました。てんかんの発作の心配は相変わらずありますが、もうブドウ糖の点滴もしなくて大丈夫です。
本当によかったぁぁ〜〜(涙)

りんちゃん、手術日が5/24で、6/1に退院しました。

つづく




[PR]
by alsatian | 2016-05-15 12:00 | 動物・ペット | Comments(0)